凍えそうな日曜の夜は目を閉じて

友達の知佳子は頭がキレる。
頭が良いなーと思わされる。
絶対人を傷つけたりはしない。
違うんじゃない?と感じても、ちょっとでも相手の気持ちを酌む。
ということから、許容範囲が膨らむし、強くなれるのだ。
意見を主張し通す事より、この方がチカコにとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむやり方、悪いことが起きても糧にするやり方をよく理解している。

悲しそうに話す友人と濡れたTシャツ
ブームが去った今、ニンテンドーDSにハマっている。
最初は、英検対策にもっと英語漬けや英語のソフトを使用していただけのことだった。
だけど、ヤマダ電機でゲームソフトを選んでいたら英語関係以外も気になってしまい、無駄に買ってしまう。
戦国無双やマリオパーティー、逆転検事など多数。
旅行に役立つ、中国語講座も売れているらしい。
これは、電車内などの暇な時間にも有効活用できそうだ。

雪の降る週末の午前はカクテルを

友達の親戚が梅干し屋さんらしい。
天神に本部があり台湾にショップもでき、関西の方に工場がある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだグループでデモストレーションをするらしい。
夜中、梅干しの雑学を聞いていると、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」など言ったら、いただいたものがあると出してくれた。
この友人と食べた梅干しが、これまででベストに美味しかった。
ここで、さっそくはちみつ梅を注文してしまった。

薄暗い金曜の夕暮れにカクテルを
また、麻衣子と明日香とツアーに行ってきました。
2人は、私の短大の同級生で、一緒に頑張った仲間です。
しかも、学んでいたのが国際観光と観光英語だったので、旅行が趣味だという学生たちでいっぱいでした。
特に、麻衣子と明日香を含む気の合う6人で色んな県へ旅をした思い出は懐かしい。
私は今までそれ程仲のいい友達が多い方でもないし、それでそれで良いと考えています。
という事で、素直に嬉しい言葉だけど、すぐ横で麻衣子が満足しているような感じだったのも私のツボでした。

自信を持ってダンスする母さんと濡れたTシャツ

煙草を吸う事は健康に害がある。
など、分かっていても買ってしまうという。
社会人になりたての頃、顧客として出会った旅行会社の取締役の年配の方。
「この体が丈夫なのはニコチンと焼酎の力です」なんてはっきり話していた。
これくらい聞かされると無駄な脱ニコチンはしなくてもOKかもな〜と感じる。

目を閉じてダンスするあいつとオレ
蝉ももう鳴いていない夏の夜。
少年は家の縁側に座り、西瓜をほおばっていた。
かじってはスイカの種を庭に吐き出していると、ときにはタネが飛ばずに、自分の足に落ちる時もあった。
傍に置いたかとり線香の香りと、月が明るい暑い夜、それと口に広がるスイカの味。
少年はそんな事を堪能しつつ、明日は何をして遊ぼうかな、と考えていた。

笑顔でダンスする家族とぬるいビール

私の子供がマルモダンスを一生懸命踊っている。
私たちは教えていないけど、3歳だけど一生懸命踊っている。
映像の中でマルモのおきてのメロディが聞こえると、録画した映像を見たがって泣いている。
保存したものを流すと止まることなくずーっと見ている。
親なので、映像を見続けるより絵本を見たり、おもちゃなどで体を使って遊んだりしているのが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも私たちの為でもある。

曇っている休日の午後に足を伸ばして
ベローチェでもミスドでもいろんな場所でコーヒーを飲むことができる。
他にも、飲みたいときにインスタントを入れても楽しめるし、いろんな場所で

私が好きなのがスターバックスだ。
全てノースモーキングと言うのが、煙草の無理な私にはありがたい。
なので、コーヒーの匂いをより良く味わうことができる。
価格も決して安くはないが、上質の豆が使われているのでグルメにはたまらないと思う。
甘いもの好きには来るたびにコーヒーと、ついついデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

風の無い水曜の明け方はカクテルを

見物するためにけっこういっぱい距離を歩く動物園は、夏季はめちゃめちゃ暑くてしんどい。
友人夫婦と子供と私と妻と子供といっしょに見に行ったが、非常に日差しも暑くて厳しかった。
たいそう蒸し暑いので、チーターもトライオンも他の動物もめったに行動していないしし、遠くの日陰に姿を潜めていたりで、ほとんど観察出来なかった。
この次は、ひんやりとした水族館などが夏はいいかもしれない。
子供が大きくなったら夏期限定の夜の水族館や動物園も良さそうだ。

息もつかさずダンスする兄さんと履きつぶした靴
各都道府県には、数えきれないくらいのお祭りが開催されているようだ。
生で見たことはないけれどじゅうぶん知っているお祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見た日に、写真や実物大のそれらを見た。
師走の月に開催されるので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
参加して見たい祭事の一個である。
夏に開かれているのは、福岡市のほうじょうやがよく知られ、生き物の生を奪う事を禁じる祭り。
大昔は、この祭事の間、漁業もしてはいけなかったとの事。
受け継がれてきた祭事も大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同じく好きだ。

サイト内メニュー